板金加工コスト削減.com|株式会社マツノシステム

豊富な実績からお客様に最適な商品をご紹介致します。

  • 電話番号:0587-54-0255
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ
  • サイトマップ

商品ラインナップ

生産性UP / 工作機械

ファスナー圧入機 「クリンチングマシン」54KN機

■ファスナー圧入を簡単におこないたい
 お客様へ!

■低コストのスペーサー、スタッド、ナット、
 ファスナー圧入専用機です。

■プレスブレーキでの圧入(カシメ)による
 不良率の減少と人件費の削減で貴社様の
 コストを削減します。

商品の特徴

①圧力制御方式
 パンチがワークに触れてから設定圧力を掛け、圧入します。板厚のバラツキ、
 ファスナーの交差に影響なく、安定した圧入が可能です。

②安全な退避機構を装備
 パンチとダイが通電しないと圧力が掛からずパンチが退避するシステムです。
 万が一指を挟んでも通電しませんので、パンチが退避します。
 ワークにより通電方式と非通電方式が切替可能です。

③お仕事に幅広く対応可能なフレームギャップ 450㎜
 フレームギャップが450mmありますので、今まで奥行不足で加工できなかった
 圧入を可能にさせます。

事例1

■プレスブレーキなどの圧入(カシメ)との違い
①熟練工でなければ圧入できない⇓
①誰でも簡単に圧入出来ますので人件費の削減にも繋がります。

②板厚やナットの厚みの違いで不良品になる場合がある⇓
②圧力が掛かり始めてから設定量加圧しますので、板厚ナット厚のバラツキに左右されません。

③専用治具が必要で段取りに時間が掛かる⇓
③一般的なツールは付属しております。ツールの交換も取り付けてボルトで締めるだけです。
 圧入ツールの特サイズ製作も可能です。

事例2

■安全装置
 指を挟むと退避します。安全ですので生産性がアップします。
 パンチとダイが通電することで圧力が掛かかります。
 絶縁物を挟むと圧力を掛けずに退避します。

事例3

■カウンター標準装備
 クリンチングマシン専用カウンターが標準装備されて
 おりますのでオプション追加価格などは不要です。
 
 (トータルカウンター・バッチカウンター機能)

事例5

■メカストッパー・前後回転可能標準ホルダー
 アルミの圧入などメカ制御が必要な場合、下死点をストッパーで調整可能です。
 ホルダー奥側のダイツール取り付け形状が小さくしている為、
 曲げ後の圧入などワークを逃がす事が可能です。

お客様の声1

■制御盤・電送ボックス製造会社様
ワークが比較的大きい為、プレスブレーキで時間を掛けて圧入していたが、時間短縮になった。

お客様の声2

■エレベーター部品製造会社様
M12ナットの圧入でプレスブレーキを使用し品質にバラツキがでていたが、不良がでなくなった。

お客様の声3

■板金加工業様
曲げ後のフランジ側の圧入は曲げ機では難しく外注していたが、導入後社内で加工できる様になった。

プレスブレーキでの圧入は熟練のオペレーターが加工していたが、導入後はパートさんにやってもらっている。

■クリンチングマシン 仕様

機種
R618
加工範囲
1~54KN
ストローク
200㎜
フレームギャップ
450㎜
オープンハイト
400㎜
繰返し圧力安定度
±1%
機械寸法
1000×1110×2200
機械重量
550㎏
電圧
3相200V
電気容量
3.75KW
安全機構
通電退避システム
フットスイッチ2度踏み
基本ツール

パンチ 3種類

カレイナットツールM3~M5

ナットツールM2.5~M6

スペーサーツール4.2φ~7.2φ

スタッドツールM3~M6

定価(ツール付)

¥3,300,000(税別)

 

■クリンチング圧入作業を簡単・正確におこないたいお客様へ!

■プレスブレーキでの圧入で不良を出してしまった。

■プレスブレーキで圧入していたが、数量が増えて曲げ機を独占してしまう。

■曲げ加工のオペレーターしか加工できない。

■曲げ後フランジ側の圧入ができない。

■自動供給装置付き圧入機を使用しているが、いろんな種類に対応できない。

■NC付き専用機などは良い機械だが、価格が高い。

■不良率が格段に下がる

■誰でも簡単に操作可能

■機械本体価格が低価格で導入し易い

■多種類のクリンチングに対応可能

Q・ワークが通電しない材料の場合は圧入可能ですか?

A・2度踏み機構で圧入可能です。(ワークにパンチが当たったところで一時停止します。)

Q・カウンターはオプションですか?

A・標準装備となります。

Q・サンプル加工は可能ですか?

A・弊社までワークとクリンチングファスナーなど圧入物をお送り下さい。

Q・プレスブレーキ・プレスなどでの圧入との違いは?

A・クリンチングマシンは下死点制御ではございません。ワークにパンチが当たってから設定圧力掛けますので下死点設定が必要なく圧入可能です。ワークやスペーサーなどの厚みの誤差に左右されず圧入可能です。

Q・自動供給装置はオプションでありますか?

A・現在のところございません。クリンチングマシンR618は汎用機として低価格でご提供できる様に設定させて頂いた機械となります。プレスブレーキで圧入加工し数が増えてきた、圧入するクリンチングファスナーの種類が多いなどのお客様にお勧めしております。

■クリンチングマシン R618 機械寸法

 

■折り曲げ加工後、フランジ部にナット圧入動画

 

 

btn-itemcatalog-01

 

商品ラインナップ

取り扱い製品はオンラインショップで購入できます。板金加工で役立つ!ツール専門ショップ

  • オンラインショップ